2014年9月

秋、限定のお酒が入荷しました。

この秋におすすめのお酒4種類が、売店にて販売中です。【酔園 秋あがり】 【大雪渓 秋あがり無濾過生原酒】 【大雪渓 秋あがり純米吟醸】 【大雪渓 秋の純米酒】の4種類です。いずれもひと夏蔵内で熟成されたお酒です。さらに、信州浪漫ビール3本セットがいよいよ当ホテルに登場です。ケルシュ・アルト・スタウトタイプと3種類のビールセット。大手メーカーの飲みやすいビールとは違いコク・苦味・うまみが深い味わいとなっています。秋の夜の晩酌にいつもと違うお酒をお試しください。尚、日本酒は季節限定や数量限定で秋の酒すのでお早めにお買い求めください。

 

今の安曇野の雲です。

稲刈り真っ最中の安曇野ですが、天候ははっきりしていません。雨は降ってはいませんが晴れなのか曇りなのかがよくわからない天気。そして特徴なのが今回の写真のように、雲の境界線がはっきりしてるところです。この写真ではおそらく大町市ではよく晴れていると思われます。ちなみにこの写真は9月19日(金)午後1時頃。登山をやっている方はよく見かけると思いますが、山の稜線で右と左で雲が綺麗に分かれているという感じによく似ています。神様お願いです。すっきりとした秋晴れを!雲

早くも色づき始めてました。

9月16日の秋晴れの中、久々に池田町に行って来ました。秋の池田町と言えばここ「七色の大カエデ」と、季節に関係なく素晴らしい景色を見せてくれる「北アルプス展望美術館」。特に大カエデはまだだろうなと思いつつも見に行きました。驚いたのはすでに今年はどうかなと見に来ている人がいたことと、すでに色づき始めていたこと事でした。カエデの周りには、無数のトンボとバッタが飛び交っており秋がやってきたなと感じました。ここは、散歩コースがしっかりとありますので是非皆さんも立ち寄ってウォーキングをして汗を流して下さい。尚。大カエデの見頃は10月中旬位からとなりますので、その頃にもう一度見に行きたいと思います。そして展望美術館からの眺めはすばらしい田園風景が楽しめます。七色大カエデ

いよいよ収穫の秋です。

安曇野の秋の味覚と言えば、りんご・ぶどう・栗・柿・蕎麦などがありますが忘れていけないのは「お米」。そう、ここはお米の産地なのです。日照時間が長く、北アルプスからの水、肥沃な土地とお米を作るには適している場所なのです。黄金色に色づいた稲穂を刈り取るシーンには、思わず見とれています。今週末から本格的に刈り始め、9月中には殆んど刈り取られます。この写真は大王わさび農場から西に広がる田んぼでの1コマです。思わずスケッチをしたくなるような秋の風物詩ともいえる風景をお楽しみください。

稲刈り

ここにも一面に「蕎麦の花」

先日、松本市に用事があり久しぶりにR19ではなく農免道路を走っていました。穂高を過ぎ、堀金を過ぎて三郷に入った途端に右側に一面の蕎麦の花。思わず車を止めて写真を撮りました。安曇野でも蕎麦の花はそこかしこで見れますが、これだけ一面に咲いてる場所はここだけかと思います。詳しい場所としては、農免道路を松本方面に向かい、「住吉」の信号の左から松本方面にずっと咲いています。目印は、信号の所にセブンイレブンがあります。写真を撮るには、農免道路は危険ですので、住吉の信号を右に曲がりすぐに橋がありますので手前を左に曲がって下さい。後は、恐らくですが安曇野市で一番の蕎麦の花を充分に堪能してください。そば