2016年4月

上高地開山祭・・・心にきざむ美しい景色のこと・・・

上高地1

 

 

『山を想えば人恋し、人を想えば山恋し』DSC_0492DSC_0484

今年も上高地の開山祭に行ってきました。
暖冬の影響もあり積雪も少なく、穂高の山々も岩肌が目立つ様相でしたが、
沢伝いに残る雪と露出した岩肌のコントラストが、
山容を猛々しくみせつけてくれるのです。

 
ここは標高1500メートルの場所にあり、
木々の新芽も生まれたての優しい色合いをまとい始めているのです。
山岳地域の遅い春・・・そんな遅れてくる鮮やかな色彩たちに
『今年もよろしくお願いしますね』と祈るのが毎年の行事となりました。

田代池1

 
ここはホテルから、途中路線バスに乗り継いで90分程の場所にあります。
この絶景を是非!!みに来て下さいね。

 

 

 

 

信州・・・花情報

かたくり片栗粉・・・
明治期以前は、地中から、この鱗茎からカタクリ粉を取り、
菓子や料理の材料にしていた植物。
今では馬鈴薯から生成することの方が多くなりましたね。
カタクリ・・・こんなにも美しい色彩を持つのですね。
花言葉は、初恋・寂しさに耐える
春の妖精とも呼ばれていて、
うつむきかげんに咲く姿はとても可憐で心をひかれます。
ここはホテルの隣の烏川渓谷緑地です。
桜を追いかけていた為に、いちばん美しい瞬間に出会うことができませんでしたが
それでも、いつまでも見つめていたい美しさでした。はなもも
そしてもうひとつ。ホテルに向かうアプローチ道路添いに咲くハナモモ・・・
桃というと、果物のモモを思い浮かべますが、
花を楽しむための園芸種の花桃の花は八重咲きで、
その美しさはカタクリとは対極の様相を表します。
まだまだ小さな木々たちも、年月をかけて立派な大木に育っていくのですね。
そんな頃の景観を想像しながら、
『大きく育つんやでぇ・・・』と独り言をつぶやくのでした。

 

桜の花に、ありがとうの気持ちをこめて・・・

中綱湖15・4・22・08こんにちは。
桜の花を追うのも、ここ…中綱湖でおわりますね。
ホテルからおよそ45分程…
冬季には真っ白の世界に閉ざされる、
ワカサギ釣りで有名なこの場所にも、
春にはこんなに美しい彩につつまれます。中綱湖15・4・20

風が凪いで湖面に波が立たない夕刻は、
群青色に反映する薄桃色がほんとうに美しいのです。
が…今日はなかなか風がやみません。
思い通りにはいかないものですね。
ですが、そんな中でその瞬間を待つ間が、
とても贅沢な事のように思えるのです。

ホテルの周辺の山々ももうすぐ新緑に包まれます。
光を透かして輝くその美しさも
花の色とはちがう魅力があります。
ぜひ、安曇野にあそびに来てくださいね。

大切にしたい景色のこと・・・

光城山1光城山2こんにちは。
光城山…安曇野市豊科にある標高900m程の里山。
5枚の花弁が美しく並んで開くソメイヨシノが、
麓から頂上まで約900mの登山道を帯のように咲きあがり、
その光景が“登り竜”に例えられる名所となっています。光城山4

ここ安曇野の桜も今年の見納めの時期になりました。
光城山の桜は老木が多くなり
花を咲かせることのできないものも増えたように思います。
ソメイヨシノ同士では結実の可能性に劣り、
他の種類の桜がないと子孫が残せない桜です。
そしてこれは、ソメイヨシノとは別品種になるのです。光城山5

こんなに美しいのに、何かしら…せつないですね。

 

淡い桃色の美しい里のこと・・・

—–西に吉野、東に陸郷—–IMG_3369 (2)

 IMG_3379 (2)

行ってきました!!小鳥たちが桜の実をついばみ増やした夢の郷
夢農場・夢の郷エリアとそこを眼下に見渡す桜仙峡一帯に
咲きほこる陸郷の山桜は数千本とも1万本ともいわれ
桃の咲き乱れる仙峡・桃源郷を文字って桜仙峡と名付けられているのです。

濃い緑の絨毯に、優しくうめ込まれた桃色の刺繍…
長い年月を経て、ここまでの模様に編み上がりました。
これから更に時を経て、桃色の模様が大きくなっていくんやろうなぁ…
などとぼんやり思っていた昼下がりでした。IMG_3401 (2)

ここはホテルからおよそ20キロ…
30分程の車旅で巡り合う、美しい日本の原風景です。

安曇野の隣町。池田町陸郷地区と
北安曇郡松川村も、桜は満開の時期を迎えました。
そしてこれからは、大町に移って行きます。

桜ハンターの私もあわせて、どんどん北に向うのです。

 

安曇野の美しい季節になりました・・・

こんにちは。安曇野の桜も満開になりました。
ここから標高を一日一日あげてゆき、
山間部の山桜や、大町そして白馬方面にも桃色の色彩が移って行くのです。
儚げなその色に、水で溶いたような芽吹き始めた緑色がかさなって、
自然が造りだすその美しさに、時をわすれそうです。 IMG_3332

常念道祖神…ホテルの付近にも、桜の名所が沢山あるのですよ。
そしてそこを通るたびに、車を停めて眺める景色に溶け込む夫婦の桜…
時とともに変わってしまう風景の中にも、
お客様の大切な場所や瞬間が、沢山あるのでしょうね。
ずっと残しておきたい・・・そんな景色を心のシャッターで切りとって
大切にしておいてくださいね。IMG_3348 (2)

 

春の花をみておもうこと…

こんにちは…
お客様のお住まいの辺りはもう桜は咲いているでしょうか?
ここ安曇野では、まだまだ蕾…の状態でしょうか。

安曇野の田んぼのあぜ道にも桜の木をよく見かけます。
古来、春先の田植神事をするときも、桜の花をみつめて、
その花の咲きぐあいで田植をし、
そしてその花の下で桜を愛でながら五穀豊穣をお祈りする。
なんとも美しい光景が目にうかびますね。
そしてここでは桜とともに、山の雪形(残雪の形)の状態も
農事作業の時期の目安にされているのです。
もうすぐ田んぼにも水が入り、山容を反映させる水鏡の時期になりますね。 DSC_0863

春…はる…さくら…花…。そんな自然がいとおしくてどうしようもない時があるのです。

DSC_0375

先日、HAMAフラワーパークに行ってきました。
園内には沢山の花たちが競うように咲いていて、
ほのかにただよう花の香りと色彩の鮮やかさに、
いつものように、こころがうばわれてしまいました。DSC_0367

DSC_0368

ここはホテルから車で20分程の場所にあります。
敷地に隣接して、かんてんぱぱショップや
野菜や果実を地元の主婦価格で販売するお洒落な青果ショップなどもあるのです。
ぜひ、あしをはこんでみてくださいね。

DSC_0376