2016年6月

ほたるのあかり・・・

今年もほたるが飛び交う時期になりましたね。
里山の川べりに、仄かな光を放ちながらゆらゆらと漂うさまは
それだけで幻想的で、時の経つのを忘れそうでした。
成虫になるまでの長い時の段階を経て、灯りをともせるわずか七日ほどの間で
求愛の為に一生懸命に時をかける…
そのようなホタルが、光彩をぼかしながら離れていく様を
ぼんやりと眺めておりました。ほたる

ここ、池田町の花見(けみ)地区…ホテルからはおよそ25分の所にあります。
ここに生息するのはゲンジボタルです。
およそ約2秒に1回(ヘイケボタルは約1秒から0.5秒に1回)光ります。
まだ少し、薄暗いときにここに来て周辺を散策するのです。
だんだんと辺りが暗くなり、水辺のほうからゲンジボタルが一匹…
ふわっとどこからともなく飛んでくる。
この瞬間が至福の時なのです。
その一匹を皮切りに、2匹、3匹と飛びはじめ、
そして暗闇が濃くなると川べりにホタルの群衆が一気に光りだします。ほたるの光彩

7月2日(土)までは、ほたる祭りも開かれます。
ぜひ、この美しい灯をみにきてくださいね。