2016年9月

からだの休日、そして…こころに休日を…

雨模様が続く秋の日々ですね。
そんなそぼ降る雨の中でさがす、美味しいコーヒーを淹れるカフェ…
森の中では木々から放たれる香りに混ざって
それらがこころ安らぐ空間を演出してくれるのです。
少しのそぼ降る雨の中では、傘を少し高めに持って
森の中の霧をまとって歩きます。
強く降り始めた雨の中では、傘の中棒や受け骨が頭にくっつくくらいに持って
出来るだけ身体を小さくして歩きます。
傘のカバーは透明のビニール傘…
それを透過して覗き見る風景は、緑に掛ける銀色に光るベールの様…

…そしてみつけたかわいいカフェ
そんなカフェを廻る旅もいいものです

いそがず、のんびり過ごす自分へのご褒美の旅
そんなとびきりの処が、ここ安曇野にはたくさんあるのです。
ぜひお越しくださいね。IMG_20160920_123314

IMG_20160920_123108

本格的なコーヒーのお店を見つけました。
チルアウトスタイルコーヒー

http://chilloutsc.exblog.jp/

豊穣の里に想いをよせて

安曇野が黄金色に染まるのもすぐの頃…
この色の美しさに出会うために、小高い山に登ります。
といっても、車で山頂付近まで行く事の出来る場所。
長峰山からの景色を見に…長峰山・初秋2

風が吹くとススキの穂が揺れ…
まるで優しくそよぐ風にのって妖精たちが
秋色の水彩絵の具でなんども何度も空のキャンバスを
重ねてぬりかえていくような、
そんな錯覚にさえおちいりそうな程なのです。

秋のトンボ

夏の間…山にいた蜻蛉は、
稲刈りの始まる気候の頃、里に下りてきます。
黄金の上をすべるいくすじもの赤い糸…
そして錦秋を纏う山々にあいに、
ぜひお越しくださいね。

千米田
あぜ道・・・農地改革などにより安曇野の畔は
直線的な模様を描いているところが多いですね。
先日能登からの帰り道、山間部でたくさんの
曲がりくねったあぜ道をみつけました。
安曇野の田んぼがそんなあぜ道だったころ…
そんな風景を見ておきたかったなと、ふと思う事もあるのです。