2017年3月

一瞬のできごと・・・

今朝は氷点下3度まで冷え込んだホテルの周辺です。
朝日が差し込んだチャペルの前には
深夜に降ったなごり雪が
ふんわりとかかっておりました。

降雪の時期も、過ぎましたね。
これから信州も杏や桜の時期を迎えます。
そして真っ白な林檎の花が咲くころには
さわやかな、美しい新緑の風景がひろがります。

ぜひ、安曇野におこしくださいね。

むくどりのゆめ・・・

私がまだ小さかったこどもの頃・・・
童話のひとつ、むくどりのゆめを読み聞かせていただいた。

お父さんむくどりと小さな子のムクドリが栗の木の洞に住んでいる。
秋深いある夜にカサコソ鳴る、一枚だけ残った葉っぱが
お母さんむくどりの羽音のように聞こえてなりません。
むくどりの子は、風が吹いてとれてしまわぬように
その葉を小さなくちばしで結ぶのです。
その夜むくどりの子は、白い羽の鳥が巣の中に入ってくる夢を見る・・・

童話の世界には・・・
切なくて、それでいて心があらわれる話が沢山ありますね。

りんごを置いた餌台の上に、毎日つがいのムクドリがやってくる。
綺麗な、そして可愛らしい姿で、周りを互いに警戒しながらも
りんごを啄ばむ姿はほんとうに、いじらしいものなのです。
そしていつも『むくどりのゆめ』をおもいだす。
こっそりと口笛で鶯の鳴きまねをすると、
小さな頭を振って音の所在を探すのです。
ちょっといたずらすぎますね…
都会では害鳥となってしまったムクドリ達・・・
そうなってしまうのも、住処を追われてひとところに集まるしかない
弱い生き物達の共通する習性なのかもしれないですね。

たくさん食べるんやでぇ・・・今日もこころの中でそんなふうに思っているのです。

自然を慈しむ…春分の日

春分の日…日の出の時刻も早くなりましたね。
今日も夕刻の空模様を眺めながら、翌朝の山の姿を想像する。
昼と夜がほぼ同じ長さになる日とされていますが、
この時期の安曇野は氷点下迄冷え込む日が、まだ少し続くのです。

ここは北アルプス展望美術館。ホテルからはおよそ25分ほどの所にあり、
北アルプスの山並みが良く見えます。
山頂部の冠雪は、今年は少し多いようです。

桃色の色彩を、少しずつ塗りかさねながら山裾まで降りてゆく…
そんな優しい朝日に映える山並みを見つめていると
この瞬間を、本当に大切にしたいと思うのです。


ホテルの敷地にフキノトウが芽を出しました。
こんな小さなものたちも、季節を感じて生きている。
ほんとうに愛おしく思うのです。

《松本マラソン参加者全力サポート宿泊プラン》のご案内

今回が第1回目を迎える「松本マラソン」
北アルプスを眺めながら、城下町を駆け抜ける松本マラソンに参加されるお客様限定の
とってもお得なプランをご用意致しました!!
もちろんマラソンに参加されないご同伴のお客様へも、
現地への応援バスやゆったりご滞在をお付けした納得プランとなっております。
そして…このプランのみの特典も多数ご用意いたしました。
ぜひご利用くださいませ。


 

 

 

 

 

 

◆◆・・‥‥‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ ↓↓≪松本マラソン参加者全力サポート宿泊プラン【頑張るランナー向きの朝食無料!】≫↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.hotaka-view.co.jp/plan2.html

≪松本マラソン概要≫

■日にち*2017年10月1日(日)
■種 目*マラソン(42.195km)/ファミリーラン(2km)
■定 員*マラソン:10,000人
■ファミリーラン:250組500人
■参加料と手数料がかかります。

※※※松本マラソンのエントリーを受付中です。定員になり次第締切(先着順)※※※
大会概要は松本マラソンのホームページヘジャンプ!!

http://www.matsumoto-marathon.jp/topics/18.html